東芝:車載情報通信システムおよび産業機器向&am

This post was originally published on this site

東京–(BUSINESS WIRE)–(ビジネスワイヤ) — 東芝デバイス&ストレージ株式会社は、Ethernet AVB注1規格に対応した車載情報通信システム向けブリッジICの製品ラインアップに、製品構成を最適化した「TC9562XBG」、複数のインターフェースに適用可能な「TC9562AXBG」、同製品の性能に加えTSN注2規格にも対応した「TC9562BXBG」の3製品を追加しました。「TC9562XBG」は、2019年2月からサンプル出荷し、2019年10月から量産する予定です。

Ethernet AVBは、リアルタイム性と信頼性の観点で優れた規格であり、車載通信ネットワークへの導入が増えています。当社は、Ethernet AVB規格のIEEE 802.1AS注3およびIEEE 802.1Qav注4に準拠し、ギガビットEthernet(10/100/1000 Mbps)に対応したブリッジIC「TC9560シリーズ」を量産しています。

一方、自動車の電動化や電子化を背景に、車載通信ネットワークは年々複雑化しており、ネットワークの最適化が求められています。また、車載ネットワークのバックボーンや車載、産業機器の制御用途ではデータをよりリアルタイムに処理することが必要であり、Ethernet AVB規格よりも低遅延でデータを転送できるEthernet TSN規格も注目されています。

当社は今回、EthernetブリッジICの製品ラインアップに「TC9562XBG」「TC9562AXBG」「TC9562BXBG」の3製品からなる「TC9562シリーズ」を追加し、車載機器および産業機器における通信ネットワークの高機能化と利便性向上に貢献します。

「TC9562XBG」は、搭載する機能を絞り込むことで製品構成を最適化し、システムを簡素化できます。「TC9562AXBG」は、従来製品のEthernetインターフェースであるRGMII、RMII、MIIだけでなく、SGMII注5にも対応しているため、より広範なシステム構成に適用できます。「TC9562BXBG」は、「TC9562AXBG」の仕様にEthernet TSN 規格のIEEE 802.1Qbv注6、IEEE 802.1Qbu注7およびIEEE 802.3br注7への準拠も追加しており、Ethernet AVB規格の製品よりも低遅延なデータ転送を実現します。

また、新製品は、市場が要求する水準である低消費電力モード時の電力0.5mW注8、低消費電力モードからの復帰時間100ms注8をターゲットとしています。
なお新製品は、車載ICの品質試験規格AEC-Q100 Grade 3注9に準拠予定です。

アプリケーション

車載インフォテインメント、テレマティクス、オーディオアンプ、及び産業機器

 

新製品の主な仕様

 
品番   TC9562XBG/TC9562AXBG/TC9562BXBG
CPUコア Arm® Cortex®-M3

HOST (外部アプリケーショ
ン) インターフェース

・PCIe® I/F : Gen2.0(5GT/s), Endpoint , Single lane
車載インターフェース ・Ethernet AVB対応MAC内蔵

インターフェースは、SGMII/RGMII/RMII/MIIから選択
(SGMIIはTC9562AXBG、TC9562BXBGサポート)
IEEE802.1AS、IEEE802.1Qav準拠

・Ethernet AVB/TSN対応MAC内蔵(TC9562BXBGのみ)
IEEE 802.1Qbv、IEEE 802.1Qbu、IEEE 802.3br準拠

オーディオインターフェース I2SまたはTDMからの選択
周辺インターフェース ・I2CまたはSPIからの選択

・Quad-SPI

・UART 2ch

・割り込みポート

・GPIO

電源電圧 1.8V/3.3Vからの選択(IO)

1.8V/2.5V/3.3Vからの選択(RGMII/RMII/MII)

1.8V (SGMII、PCIe)

1.1V(Core)

パッケージ   P-LFBGA 120ボール、9mmx9mm、0.65mmピッチ
 
注1   Ethernet AVB : IEEE802.1 Audio/Video Bridgingのこと。Ethernetの標準技術を使いオーディオやビデオデータを取り扱う規格。
注2 Ethernet TSN : IEEE802.1 Time-Sensitive Networkingのこと。AVB規格より低遅延データ転送を実現する規格。
注3 IEEE 802.1AS : 時刻/タイミングの同期に関する規格。
注4 IEEE 802.1Qav : トラフィックシェーピング(優先するパケットが帯域幅を超えないよう平滑化する機能)に関する規格。
注5 SGMII、RGMII、RMII、MII : Ethernetのインターフェース。SGMII = Serial Gigabit Media Independent Interface; RGMII = Reduced Gigabit Media Independent Interface; RMII = Reduced Media Independent Interface; MII = Media Independent Interface
注6 IEEE 802.1Qbv:スケジュールされたトラフィックに関する規格。
注7 IEEE 802.1Qbu/IEEE 802.3br : フレーム割り込み/超優先転送に関する規格
注8 20℃での結果。当社計測による代表値(typical値)
注9 AEC-Q100 Grade 3 : 自動車業界が策定する集積回路の信頼性認定試験基準
 

*Arm、Cortexは、米国および/あるいはその他の国におけるArm Limited(またはその子会社)の登録商標です。
*PCIeは、PCI-SIGの商標です。
*その他の社名・商品名・サービス名などは、それぞれ各社が商標として使用している場合があります。

新製品のさらに詳しい仕様については下記ページをご覧ください。
http://toshiba.semicon-storage.com/jp/product/automotive/interface-bridge.html

お客様からの製品に関するお問い合わせ先:
システムLSIマーケティング第三部
Tel: 044-548-2422
https://toshiba.semicon-storage.com/jp/contact.html

*本資料に掲載されている情報(製品の価格/仕様、サービスの内容及びお問い合わせ先など)は、発表日現在の情報です。予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承ください。

Recommended For You

mm

About the Author: Sidney Martin

Sidney Marin Is a researcher and law student at York University (TORONTO). He has worked as the Director of the Graduate Lawyering Program. He worked for American law firms in Moscow, Russia for three years. Hegraduated from Columbia Law School, Columbia School of International and Public Affairs and Harvard College. He research interest is in human rights and health law, with a particular focus on the law and policy of vaccination.